2009年12月12日

ITパスポート(2)

パソコン資格:ITパスポート

ITパスポート試験内容をさらに詳しく見て行きたいと思います。

前回次項有
試験範囲として、大きく3つに分かれており、
ストラテジ系(経営全般)、マネジメント系(IT管理)、
テクノロジ系(IT技術)から出題されます。

合格基準は、3分野それぞれの基準点(30%以上)をクリアし、
かつ3分野の総合得点が一定の基準(60%以上)に達した場合に
合格となります。

次項有とお話しましたが、
この部分をもう少し詳しくご紹介したいと思います。

まず、合格基準ですがITパスポート試験は1,000点満点の
試験となっており、そこから考えると
総合得点が600点以上
ストラテジ系は350点満点で105点以上
マネジメント系は250点満点で75点以上
テクノロジ系は400点満点で120点以上 と4つ点数基準を
クリアぴかぴか(新しい)しないと合格できません。

…少し大変バッド(下向き矢印)の様に見えますが、7割以上の合格率ですぴかぴか(新しい)
頑張れるはずですパンチ


そして、試験科目ですが、
ストラテジ系とは、システム戦略、経営戦略、企業と法務と言った
経営全般に関する知識を言います。

マネジメント系とは、プロジェクトマネジメント、
サービスマネジメントと言ったIT管理に関する知識を言います。

テクノロジ系とは、IT技術に関する知識を指し、
アルゴリズム、コンピュータシステム、データベース、ネットワーク
システム開発技術などを学習する領域です。

この3科目がそのままレベル2以降の資格試験でも
試験範囲となります。
ただし、レベル4については試験科目によって
試験範囲に入らない科目もあります。


科目が同一と言う事も
スキルアップ式の情報処理技術者試験制度ならではです。


受験料は5,100円でどなたでも受験する事ができます。
試験会場も全国各地で用意されています。

最後に学習方法ですが、
ITパスポートについては市販の参考書などを利用して
独学される方も多い様ですが、
ITパスポート試験がまだ始まって間もない事から
資格スクールで学習する方も少なくないようです。

引き続きレベル2以降の試験にチャレンジしたい方は
資格スクールでの学習を検討されても良いと思います。

end
posted by サンガーデン at 18:26| ITパスポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。